HOME > INTERVIEW > NINGEN-DO INTERVIEW #001 KOTA MIYAMOTO 3/3

 

NINGEN-DO INTERVIEW #001

 ”KOTA MIYAMOTO Collage T-shirts collection” 
RELEASE INTERVIEW

3/3

宮本コータ(comix)へのインタビュー第3回目は、
いったいどんな人間なのか、話を聞いてみました。

※このインタビューは2015年12月のはじめから約一カ月半の間に、何度かの電話とメールで行ないました。 

"宮本コータ"

――ここ最近で印象的だったことってありますか?

 KKGのヨネちん(Dr)にオススメしてもらったLOUNGE LIZARDSってバンドがかっこよくてすぐにアルバムを集めたよ。壊して作る、みたいな感じとか、1つの曲をどこまで…?みたいな感じがよかった。
 あと植田正治って写真家を最近知って、写真集を買ったらすごくよかった。歴史っていうか、その人の見たかったものとか見てきたものがしっかりと作品に出てて。あー俺も今作れるものを作んなきゃだめだなーって思った。
 自分の事で言うと、最近は少し時間ができたからアトリエ(兼スタジオ)を少しづつ改装してるんだ。

(▲コータくんのアトリエ兼スタジオ)

――コータくんのアトリエは理想ですよ、秘密基地みたいな感じですもんね。家の近所にあったらなと思います(笑)。名前あるんですか?

 名前無いのさ(笑)。

(▲コータくんのアトリエ兼スタジオ)

――いろんな人が出入りしてるからあった方がいいんじゃない?

 そうだね。たまにスタジオとして貸したりもするし。なんかライブとか個展とかそのうち面白い事できたらいいなーと思ってるよ。


(▲1st ALBUM『森』ジャケットアートワークより/コータくんのアトリエ兼スタジオ)
Photo : Hideki Akita Collage:KOTA MITAMOTO
 

――最近感動したことってあります?

 ポール・マッカーシーっていう美術家の本に20歳の時にすごく衝撃を受けて、被り物とかしてインスタレーションをしてるのを写真に収めたものだったんだけど、最近YouTubeで検索したらそのパフォーマンスのビデオがあって、なんまら興奮したよ!あの頃は写真でしか見れなくて「これどんな感じなんだろう??」って思ってたから。

(▲ポール・マッカーシー)

――コータくんは趣味とかってあるんですか?

 アトリエで何か作ってるか、友達と呑みに行くか。本は活字苦手だから漫画くらいだし、映画館も眠くなっちゃうし、タバコ吸えないし。

――活字苦手は意外です! 小説とかめちゃくちゃ読んでると思ってた。

 全然だね。ほんと漫画とたまに詩集とかくらいじゃないかな。よっぽど好きな人が書いたら読むくらいかな、松本人志の本とかは読んだけど。そんでも10何年も前だよ最後に読んだの。

――comixってバンド名ですから、漫画はもちろんめちゃくちゃ好きだと思いますが、好きな漫画5つ挙げるとしたら何ですか?

 えぇ~、"ブラック・ジャック"、……う~ん、……。

――"ブラック・ジャック"だけすぐ出ましたね。

 "ブラック・ジャック"はすぐ出るね。あとは"華倫変"、"つげ義春"と……

――あ、"ブラック・ジャック"は"ブラック・ジャック"なんですね? 他は好きな漫画家で。

 あ、そうだね、"ブラック・ジャック"は"ブラック・ジャック"が好き(笑)。comixの『スロウアウェイ』って曲の歌詞で"放下著(ホウゲジャク)"って禅語を使ってるけど、その言葉は"華倫変"の漫画で知ったね。あとは"魚喃キリコ"も好きだったね。あの人は言葉が少ないよね。あとは何かなぁ……、"ついでにとんちんかん"かな。

 ――抜作先生ですね。

 そう、大好きだったな。今はもう全然読んでないけど昔超好きだった。

▼宮本コータ 漫画5選▼
・『ブラック・ジャック』/著:手塚治虫
・著:華倫変 作品全般 
・著:つげ義春 作品全般 
・著:魚喃キリコ 作品全般
・『ついでにとんちんかん』/著:えんどコイチ

――コータくん、抜作先生に似てるって言われます?

 言われないよそんなの(笑)。

――だって今Skypeでインタビューしてるけど、コータくんのSkypeのロゴ、抜作先生ですよ。

 あっ、忘れてた(爆笑)。

――抜作先生感が出てきたらヤバいですね。コータくん見たら今後抜作先生がよぎりますわ(笑)。

 嫌だわそれは俺本当に(笑)。

(▲ついでにとんちんかん)

――ほかにも趣味はあるんですか?

 あったかくなったら今年もサイクリングに行きたいな。キャンプとかも好きだよ。あとは、カレーとかタイ料理とか好きだから作ってみたりとか。

――誰かのために作るってわけじゃなくて?

 そうだね。なんかやっぱ俺作ってんのが好きなんだよね。え? 料理、楽しいでしょ? 楽しくない?

――僕は全然、楽しくない、かな(笑)。確かに今までツアー中とかBBQの時とかにコータくんの料理を食べたことが何度かあるけど、お母さんが作ってる感じの優しい味がしたかも。

 それうどんでしょ?(笑)今度マジでカレー作って喰わせるわ。

――好みというか、趣向的に好きなのってあります?

 ツアー終わってから札幌のギャラリーとか回ったりもしたよ。SHOHEIさんの個展が札幌であって観に行ったよ。

――僕も観に行きました。何度かそれまでにも絵を見る機会があったんですけど、ほんとただただ凄いとしか言いようがないですよね。

 うん、なまら凄かった。なんかさ、昔の日本の作家とかどんなジャンルでも、「怖さ」とか「危なさ」みたいなイメージがあって。それを感じた。
 描いてる姿とか棟方志功みたいでかっこよかった。

――これまでにモノを作る上で影響を大きく受けた人やモノとかってありますか?

 ヤン・シュヴァンクマイエルトム・ウェイツかなあ。ヤンは最初に短編集を見て、うわあ~ってなった。コラージュも好きだし映画に出てくるもの全部に刺激を受けたよ。『悦楽共犯者』って映画が好き。デザインとかコラージュに関してはすごく影響されたよ。トム・ウェイツは今でも渋いな~と思って憧れるよ。自由で遊び心があって、惚れちゃうよ。確か田舎に住んでてそこでレコーディングとかしてるんだ。そういうとこも好きだなあ。

(▲ヤン・シュヴァンクマイエル短編集)

(▲ヤン・シュヴァンクマイエル/悦楽共犯者より)

(▲トム・ウェイツ)

――そうなんですね。全然話し変わるんですけど、一番好きなモノって何?って聞かれてパッと思い浮かぶのはなんですか?

 音楽、だな。


Photo:Hideki Akita

――これからやりたいことってあります?

 札幌以外でもワンマンとかロングセットでやりたいなー。30分じゃやっぱ全然足りない。

――今までは札幌で2回ワンマンをやっていますもんね。

 うん、そう。まだ2回しかやったことない。でもワンマンやるのは一個の目標だったからうれしかったよ。これからは年一回とか続けて行きたいし、他の土地でもできるようになりたいな。その時はSTUOOMの小田くん(comixのレコーディングエンジニア)にもPAで来てもらって4人で一緒にできたらいいな。

(▲2014.11.13@札幌KLUB COUNTER ACTION/comix ワンマンライヴ)

――2016年中に2ndアルバム出してワンマンライヴできますかね?

 うん、やらないとね!頑張ります!

 
”KOTA MIYAMOTO Collage T-shirts collection”
 

KOTA MIYAMOTO
Collage T-shirt collection




NDG-001A 大仏×深海魚

NDG-001B 内臓×カエル

NDG-001C 月×蛇

NDG-001D アインシュタイン×猿

NDG-001E 金魚×浮世絵


HOME > INTERVIEW > NINGEN-DO INTERVIEW #001 KOTA MIYAMOTO 3/3